『ダート短距離の教科書』を出版しました【Kindle Unlimitedなら無料】

【回収率200%】逃げ馬を買うべきレース条件をわかりやすく解説

逃げ馬を買い続けたときの単勝回収率は202%。

逃げ馬を買い続ければ、
競馬は勝てます!

極論いつでも逃げ馬を狙えばいいのですが、
回収率がより高まるレース条件がわかれば、
逃げ馬で稼げる可能性が高まります!

そこでこの記事では、
逃げ馬の回収率がアップするレース条件
をお伝えします!

この記事の特徴

競馬では、的中率が良くても回収率が低いと
まったく意味がありません。

そこで、今回は逃げ馬で儲けるための条件を
的中率と回収率の関係をもとにランク分け。

  • S評価:的中率◎ 回収率◎
  • A評価:的中率△ 回収率〇
  • B評価:的中率〇 回収率△
  • C評価:的中率△ 回収率△
  • D評価:的中率✕  回収率✕

特にS評価とA評価の5つの条件は、
積極的に狙うべき条件になります!

タケツム

それではさっそく本編に入っていきましょう!

逃げ馬の買い条件【S評価】

タケツム

まずは勝率が高いうえに回収率も期待できる激アツ条件です!

重馬場・不良馬場

芝・ダートに関係なく
馬場が荒れるほど
逃げ馬の回収率は上がります!

芝は差し馬の末脚が鈍るため前有利、
ダートは先行馬が止まらないので前有利です。

特に、芝・不良の時の単勝回収率は
600%を超えています。

馬場が荒れたときには、
絶対に逃げ馬を買いましょう!

タケツム

間違っても差し馬を軸にしないでくださいね!

短距離レース

芝・ダートに関係なく
短距離レースの回収率が良いです!

ゴールまでの距離が短い方が
逃げ馬が押し切る確率が高いのは、
ふつうに想像がつきますよね。

特に短距離レースの中でも、
芝は~1400m、ダートは~1200mが狙い目。

短距離戦になるほど、スタート直後の隊列
どの馬がハナを切るか?
を強く意識した方がよいです。

タケツム

しつこいですが、差し馬を軸にするのは絶対にやめましょう!

直線に坂がなく直線が短い競馬場

直線に坂がない競馬場での
回収率が良いです!

具体的には、下記の競馬場ですね。

  • 札幌競馬場
  • 函館競馬場
  • 福島競馬場
  • 新潟競馬場
  • 京都競馬場
  • 小倉競馬場

※ただし、札幌競馬場は除きます

もちろん理由は簡単です。

最後の直線に坂がないほうが、
粘り切れる可能性が高まるからです。

実際、坂ありと坂なしで見ると、
やはり坂なしのほうが逃げ馬に有利です。

また、
最後の直線の距離が短いほうが
逃げ馬の回収率は高まります!

これも同じように、
逃げ馬が粘り切れる可能性が高まるからです。

特に、新潟競馬場の内回りはおすすめ!

直線が長いイメージを持っている人が多い分、
逃げ馬の馬券妙味が上がります!

タケツム

競馬で勝つには思い込みのスキを突くことが重要です!

前走から距離短縮

前走から距離短縮の逃げ馬は
特に回収率が良いです!

もし前走で逃げて大敗していても、
距離が長かっただけの可能性があります。

距離が合えば逃げ切る可能性もあるので、
逃げ馬の距離短縮には注意しましょう!

タケツム

近走が惨敗続きだからといって即座に切るのはNG!負けている理由を見極めることが穴馬を見抜くポイントです!

逃げ馬の買い条件【A評価】

タケツム

次に勝率は高くないものの回収率が高い条件です!馬券購入者の盲点になりやすく馬券妙味が高いのでお勧めです!

斤量が軽い

斤量が軽い逃げ馬のほうが
単勝回収率が高いです!

この買い条件のおもしろいところは、
斤量が軽いほど逃げ馬の勝率が上がる
というわけではないところです。

勝率は斤量によって変わらないけれど、
回収率は斤量が軽い方が高い。

これが何を意味しているかというと、
斤量の軽い逃げ馬は軽視されやすい
ということです。

特に、ハンデ戦などになると、
基本的には斤量が軽いということは
真っ向勝負では劣ることを意味します。

しかし、実際のレースでは軽斤量を生かし、
まさかこの馬が来るのかという馬が
あっさり逃げ切るなんてよくある話です。

タケツム

やはり思い込みにとらわれず、まわりと違う選択をできた人だけが勝利を手にします!

逃げ馬の買い条件【B評価】

タケツム

次に勝率は高いけれど回収率はそうでもない条件です!みんなが知っていて逃げ馬が過剰に人気する条件なので、馬券妙味はあまりないです…

競馬場の開幕週

開幕週に近いほど逃げ馬の勝率は高く、
開幕週から遠いほど逃げ馬の勝率は低いです。

つまり、
開幕週は前残りが多い
というのはデータとしても事実です。

しかし、この事実は私たちだけでなく
みんなが知っている条件です。

みんなが知っている条件ということは、
過剰に人気しやすいということです。

そのため、
馬券の的中率は上がるけど
回収率は上がらない
というふうになりやすいので、
馬券を購入する際には注意が必要です。

タケツム

重要なのは的中率ではなく回収率!改めて肝に銘じましょう!

ダートコース

芝よりダートのほうが
逃げ馬の勝率は良いです。

要因としては下記のようなところでしょうか。

  • 芝よりダートのほうがレベルが低い
  • 芝より時計がかかり追込が効きにくい
  • 芝より直線が短く追込が効きにくい

しかし、みんなが知っている条件のため、
むしろ単勝回収率が良いのは芝になります。

タケツム

何度でも言います!的中率より回収率が重要なんです!

少頭数レース

少頭数のレースであるほど、
見かけ上の逃げ馬の勝率は上がります。

しかし、出走頭数が減れば、
1頭当たりの勝率が上がるのは当然のこと。

それより重要なのは回収率です。

表を見るとわかるように、
少頭数になるほど逃げ馬の回収率が
良くなっているわけではありません。

タケツム

実は、少頭数レースは馬郡が小さくなるため差し馬に有利になる場合も多いです!

逃げ馬の買い条件【C評価】

タケツム

勝率も回収率もそうでもないイマイチ条件です!逃げ有利と思っているなら見直しが必要!

内枠

内枠の方がハナを切りやすいから
逃げ馬にとっては有利だ。

そんな風に思っているかもしれませんが、
表を見るとわかるように、
枠順による勝率の差はありません。

しかし、内枠の逃げ馬は有利と考えて
馬券を買う人が非常に多いのが事実。

その結果として、
内枠の逃げ馬が過剰人気となってしまい
単勝適正回収値は1枠が最も低いです。

逆に言えば、外枠に入った逃げ馬は
外枠だという理由だけで嫌う人が増え、
過小評価されている場合があります。

この記事を読んでいる皆さんはぜひ
外枠の逃げ馬こそ美味しい
と思って馬券を買ってください。

タケツム

競馬において常識とは敗者の理論である!競馬の格言です!

逃げ馬の買い条件【D評価】

タケツム

逃げ馬の勝率が低く、回収率もあまり良くない条件です!もし狙うときには注意が必要!

前走も逃げ脚質

前走に引き続き逃げた馬は、
回収率があまり良くないです!

良くないとは言っても、
単勝回収率100%は超えていますけどね。

前走で逃げた馬が次走も逃げれるとは限らず
もし逃げることができないと
あっさり負ける場合も多いです。

特に前走ダートで圧勝した逃げ馬が
昇級初戦で人気して惨敗なんてザラです。

タケツム

逃げ馬は逃げられないと弱い場合も多い「諸刃の剣」であることを覚えておきましょう!

逃げ馬の回収率が高いコース

タケツム

noteをご購入くださった皆様に感謝の気持ちを込めて、逃げ馬の単勝回収率が高いコースの付録をつけました!

この記事における逃げ馬に有利なコースの定義は逃げ馬の単勝回収率が高いコースです。

新馬戦・未勝利戦はコース条件に関係なく逃げ馬の勝率が高いため、1勝クラス以上のレースを対象にデータを集計しています。

  • 過去5年間の逃げ馬の勝率をコースごとに調査(施行回数が30回以上だった全81コースのみを対象にしています)
  • 上位4分の1(=20コース)を荒れやすいコース、下位4分の1(=20コース)を荒れにくいコースと定義します

タケツム

逃げ馬の単勝回収率が高いコースTOP20はこちら!

逃げ馬の回収率が低いコースTOP20

タケツム

せっかくなので逃げ馬の単勝回収率が低いコースTOP20も載せておきます!

タケツム

最後までお読み頂きありがとうございました!

もしこの記事が良かったと思っていただけた方は、
こちらからスキしていただけると大変嬉しいです!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。