『ダート短距離の教科書』を出版しました【Kindle Unlimitedなら無料】

競馬の1レース予算の決め方 | タケツム流・計算式を公開

どうも、1レースあたりの軍資金は2200円のタケツム (@taketsumu_keiba) です。

あなたは競馬で1レースの購入金額を決めていますか?もし競馬で勝ちたいのなら、1レースあたりの予算を決めることをおすすめします。

なぜなら、どれだけ競馬のレース予想が上手な人でも、収支管理ができないと、競馬で長期的に勝つことはものすごく難しいからです。

とはいえ、それぞれ競馬に使えるお金も違うなか、どうやって1レースあたりの予算を決めればいいのかわからない人も多いと思います。

そこでこの記事では、年間収支プラスの僕が、あなたに合った1レースあたりの予算を決めるための方法をわかりやすく解説していきます。

タケツム

ぜひ最後まで読んでもらえると嬉しいです!

1レースあたりの予算を決めるための大前提

タケツム

1レースあたりの予算の決め方を伝える前に、意識しておきたい大前提を解説します!

競馬にかける年間予算を決める

あなたは競馬にかける年間予算を決めていますか?競馬で長期的に勝つには、まず1年単位での資金管理を考えることをおすすめします。

ここで言う年間予算とは、1年間の購入金額ではなく、競馬で負けてもいい金額のこと。

もちろん年間収支プラスを目指して馬券を買うわけですが、現実としては年間を通じて競馬で勝てる人はせいぜい5%と言われています。

そこで「この金額なら仮に全部失っても大丈夫」と思える額を年間予算に設定しましょう。

タケツム

僕の場合はしがないサラリーマンなので、1カ月あたり5,000円目安で年間予算は6万円に設定しました。

1月に年間予算を別口座に捨てる

年間予算が決まったら、1月にその金額をすべて競馬専用の別口座に移すのがおすすめ。

たとえば僕の場合、冬のボーナスが入ったタイミングで競馬専用の楽天銀行に6万円を入金し、そのお金は捨てたことにしています。

すると、元々捨てたお金なので負けるのは怖くなくなりますし、勝ったら捨てたはずのお金が戻ってきたという状況で競馬に臨めます。

これは玉嶋亮さんの「競馬の教科書」を参考にしていて、昔よりメンタルが安定しました。

タケツム

資金管理の考え方をはじめ、限られた時間で競馬で勝つためのノウハウが詰まっています!
【レビュー】競馬の教科書(玉嶋亮作 | ピンク) | おすすめ競馬本#003

年間購入レース数を決める

1レースあたりの予算を決めるには、おおよその年間購入レース数を決めておくとよいです。

もちろん購入レース数が増えるほど必要な投資額は増え、また控除率の関係から回収率をプラスにすることは難しくなっていきます。

競馬で勝つためにはレース数を絞るのが鉄則。予想不足のレースに手を出さず、本気で予想したレースだけに集中投資することが重要です。

僕の場合は、基本的にダート短距離のレースの中から1日のなかで最も自信のある1レースを買うようにしたいと考えています。

タケツム

そうするとJRAの年間レース開催日が108日(2022年)なので年間購入レース数は108レースになります。

現地観戦はルール対象外

僕は現地観戦が好きで競馬場によく行くのですが、どうしても余計なレースに手が出ます。

まわりの友達がみんな馬券を買っているのに1人傍観していてもつまらないですからね。

そこで僕は「現地観戦は特別」と割り切って、年始に銀行口座に入れたお金ではなく、現金を使って現地で紙の馬券を購入しています。

この場合は映画や飲み会と同じく「娯楽費」という扱いで勝負の1レースを除いてネット投票はせず、即PATの年間収支には入れてません。

タケツム

現地観戦も含めて完全なプラス収支を目指す場合、レース数は絞るべきかと!
競馬の勝負レースの選び方 | タケツム流・レースの決め方を公開競馬の勝負レースの選び方 | タケツム流・レースの決め方を公開

1レースあたりの購入金額を変えない

個人的には1レースあたりの購入金額は一定にしたほうがよいと考えています。

特に、競馬で勝っているときに賭け金を増やしたり、負けを取り返すために普段使わない券種に手を出すのは最も避けたいパターンです。

また、レースの自信度に応じて賭け金を変える人もいるかもしれませんが、理想を言えば、自信度Sのレースのみ購入すべきだと思います。

ということで、この記事では1レースあたりの賭け金は一定という前提のもと話しをします。

タケツム

レースによって賭け金を変えたい場合は、それぞれ適宜調整をお願いします!

タケツム流・1レースの予算を決める方法【計算法を公開】

タケツム

さて、前置きが長くなりましたが、1レースの予算を決める方法を解説します!

結論から言うと、この計算式であなたの1レースあたりの適切な予算を決められます。

年間予算 ÷ 年間購入レース数÷0.25

僕の場合は、年間予算60,000÷年間レース数108÷0.25=2,200(円)になります。

さて、みなさんの1レースあたりのレース予算はいくらになりましたか?

レース予算の計算式の意味

タケツム

この計算式のロジックを簡単に解説させてください。

この計算式のミソは最後の割り算で、なぜ÷0.25をするかと言うと、競馬の回収率の平均が約75%になるからです。

つまり、この計算式では

  • 年間予算:60,000円 ※購入額ではない
  • 年間購入レース数:108レース
  • 年間回収率:75%

と仮定したとき、1レースあたりにいくら投資することになるのかを計算しています。

タケツム

もしかすると結果論から考えるほうがわかりやすいですかね!
  • 1レースあたりの予算:2,200円
  • 年間購入レース数:108レース
  • ならば、
  • 年間購入額は2,200×108
  • つまり237,600円
  • そのとき
  • 年間回収率が75%ならば
  • 年間払戻額は237,600×0.75
  • つまり178,200円
  • ならば、
  • 年間収支は178,200-237,600
  • 年間収支は-59,400円

仮に回収率が平均の75%になっても、年間予算の6万円以内で競馬を楽しめます。

自分はもっと回収率を上げられるという方は割り算の値を変えてもよいですが、基本的には平均値からリスクヘッジすることを勧めます。

逆に年間回収率が75%を下回っているという方は、勝負レースを絞る、予想の精度を高めるといったことに力を注いだほうがよいです。

年間収支=購入額×回収率

タケツム

今更ですが、当たり前の事実に立ち返ってみたいと思います。

競馬は回収率が100%を超えれば勝ち、回収率が100%を下回れば負けになります。

それを意識している人は多い一方、たとえ同じ回収率でも購入額によって損益の大きさが変わることを意識していない人は意外と多いです。

たとえば、

  • 年間購入額10万円×回収率110%ならば利益は100,000×1.1=10,000(円)
  • 年間購入額100万円×回収率110%ならば利益は1,000,000×1.1=100,000(円)
  • 年間購入額10万円×回収率75%ならば損失は100,000×(-0.25)=-25,000(円)
  • 年間購入額100万円×回収率75%ならば損失は1,000,000×(-0.25)=-250,000(円)

注意しなければならないのは、

回収率が100%を超えれば購入額が多いほど利益も増える一方、回収率が100%を下回ると購入額が多いほど損失も大きいということ。

競馬をするときにはつい儲かったときのことばかり想像しがちですが、ときに「負けるのが当たり前」の前提に立つことも重要です。

そして「この額までなら負けても大丈夫」という金額を予算に設定し、心の余裕を持つことが結果的によい成績に繋がると僕は思います。

レース予算を守ることは難しい

タケツム

ここまで1レースあたりの予算を決める方法について解説しました!

散々偉そうに語ってきた僕ですが、自分自身もまだまだ未熟で自ら決めたルールを守れないことが本当にたくさんあります。

  • 予定にない重賞に手を出す
  • メインを外して最終レースを買う
  • 気分によって賭け金を増やす

上記のようなことを繰り返し、冷静になってから回収率を下げていることに気づくわけですが、それくらいセルフマネジメントは難しい。

ただ、そういった状況に陥るたびに自分を見つめ直し、強いメンタル気づいていくことで、競馬の収支も安定するようになってきました。

タケツム

今回解説したことを完璧に実践できる人のほうが少ないと思いますが、一緒に失敗を繰り返しながら進歩していきましょう!

こちらの記事では、勝負レースを絞るためのポイントについて詳しく解説しています!

競馬の勝負レースの選び方 | タケツム流・レースの決め方を公開競馬の勝負レースの選び方 | タケツム流・レースの決め方を公開

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。